美容鍼灸をして顔が白くなるのはなぜ?

美容鍼灸でビフォーアフターの撮影をして比べるときに
何も加工を行っていないのに施術後のアフター写真は顔が白く映ります。

なんで白くなるの?という患者さんの疑問に血流が良くなるからとお応えすると私の言葉が足りなくてもっとわからなくなってしまわれるためこの度視覚的に説明します。

このグラデーションは紫からピンクに変化しています。

紫は血流の悪い状態、ピンクは血流が良くなった状態。

この場合の変化は「ピンクになった」というよりも「白くなった」ように感じられますよね?

顔が真紫の人はあんまりいませんがそこも濃淡があり、くすみがあるというのは紫色を帯びている状態なのです。

鍼やお灸は肌に悪いとされている摩擦を行わずに血流をグンと上げる力があります。

色が変われば印象も変わります。

美容に鍼灸がなぜいいのか?の1位ともいえる理由です。

ほかにもいろいろイイことあるのが美容鍼。
お勧めです。

Follow me!

関連記事

  1. セルフケアに最適なハリフトローラー

  2. before afterは載せられませんが

  3. 大丈夫かどうかが問題なのです。

  4. お顔に鍼。効果があるのは美容だけではありません。

  5. ニキビ肌のお悩み

  6. ペア割30分 1名につき3,800円 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP